撮影

(エア)コミケでコスプレイヤーを綺麗に撮る方法

こんにちは、Nariです。

遂に始まりましたね。
(エア)コミケ。

残念ながらサークル参加は落選しちゃったんですが、
(エア)参加するぞ。

今回は、コミケの撮影攻略法を伝授するぞ。
エリアをレベル別に4つにわけた。

コミケ撮影エリア

  • Lv1:エントランス
  • Lv2:防災公園
  • Lv3:庭園
  • Lv4:屋上

各エリアの特徴と攻略法について詳しく紹介する。
これを知れば、君はコミケ撮影マスターだ。

それでは早速いってみよう!

ココに注意

ストロボ・レフ版・三脚などの使用制限は開催ごとに規約を確認して下さい。

 

エリア評価項目について

各エリアを項目別に5段階評価で紹介する。

①アクセス⇒行きやすさ

②混雑度⇒どれぐらい混んでるか

③難易度⇒撮影テクニックがいるかどうか

④盛れ度⇒そのエリアでレイヤーさんを盛りやすいか

⑤総合評価⇒そのエリアのおすすめ度

 

各エリア共通事項

確認

  • カメラは一眼
  • ストロボは必須
  • ライトスタンドは基本使わない
  • ディフューザーは小さく折りたためるタイプ
  • どこも混んでる

 

Lv1 エントランスエリア

評価

  • アクセス  
  • 混雑度   
  • 難易度  
  • 盛れ度  
  • 総合評価 

 

概要

コミケ会場に入ると最初に目につくのが、
このエントランスエリアだ。

何よりアクセスが良い。
入場してすぐにレイヤーさんを撮影できる。

初心者がコミケの雰囲気を味わうには最適な場所である。
そのせいか、見物の人も多く、非常に混雑している。

 

狙い目

エントランスエリアで狙うのは時間帯によって変わる。

昼間はその年のネタコスの人達が多く、
見てるだけでもおもしろい、
ネタコスを撮るのに撮影技術はそこまで必要ないので、
気軽にバシバシ撮って楽しもう。

本番は夕方である。

ビッグサイトの逆三角形シンボルを正面にすると、
右側に夕陽が落ちていく。

そう、逆光になるようなポジションにいるレイヤーさんを撮影するんだ。
カッコ良い系、はかない系のコスプレに非常にマッチする。

逆光で撮影する際は、レイヤーさんにしっかりストロボをあてるよりは、
夕陽の雰囲気を上手く活用して撮影したほうが良いだろう。

適切なライティングができるよう、
日頃から練習しよう。

 

撮影注意点

ビッグサイトの逆三角形のシンボルにより、
時間帯により影が発生する。

影に包まれたエリアは残念ながら盛る事が難しい。

また、夏は風が通るので涼しいが、
冬はまじで寒い。

移動はぶつかりながら進むしかないレベルで混んでる。
機材が壊されないように注意しよう。

 

エントランスおすすめレンズ

ポイント

  • 24-70mm ズームレンズ
  • 24㎜ 単焦点レンズ
  • 35㎜ 単焦点レンズ
  • 50㎜ 単焦点レンズ

撮影中に左右と後ろに人がいて自由に動けない。
そのため、レンズはズームか、広角よりの単焦点が良い。

ココがポイント

コミケ入門エリア

 

Lv2 防災公園エリア

評価

  • アクセス  
  • 混雑度   
  • 難易度  
  • 盛れ度  
  • 総合評価 

 

概要

コミケ開催と同時に、東京臨海広域防災公園にて、
コスプレが可能となっている。

コミケ会場からコスプレのまま歩いて行ける非常にありがたい場所である。
行った際は、防災についてしっかり学んで欲しい。

さて、肝心の撮影についてだが、
防災公園は天国だ。

広い、すいてる、夏は涼しい!冬は…まぁ寒いけどエントランスよりまし。

撮りやすさ、盛れ度共に良いエリアとなっている。

ただ、唯一の問題点は、ちょっと遠いのと、
初めて行く人は迷うという事。

看板が出てるので、普通ならわかるのだが、
コミケの時の脳はIQ3ぐらいなので、
事前に場所を覚えておこう。

 

狙い目

広大なエリアを活用して、動きのあるポージングや、
壮大な雰囲気の撮影がおすすめ。

太陽とレイヤーさんの位置を把握して、
より盛れる光の環境を作り上げよう。

人と違った雰囲気を出したいなら、135㎜以上の望遠レンズも面白いが、
レイヤーさんからすると、いつ撮られたのかわからないので、
初対面のレイヤーさんには控えた方が良いかも。

 

撮影注意点

防災公園はコミケと別なので、規約を絶対に確認して下さい
特にストロボ・レフ版・ライトスタンドの使用について。

規約違反の機材を使って良い写真撮れたって、
すごくないし、次回の運営に影響がでる可能性だってあります。

ルールを守って、楽しくやりましょう。

また、レイヤーさんの更衣室が遠いので、
撮影は早めに切り上げましょう。

 

防災公園おすすめレンズ

ポイント

  • 自分が得意なレンズ持ってこう

自由に動き放題です。
一番得意なレンズで勝負だ。

ココがポイント

防災公園に癒されに行こう

 

Lv3 庭園エリア

評価

  • アクセス  
  • 混雑度   
  • 難易度  
  • 盛れ度  
  • 総合評価 

 

概要

エントランスの次に行きやすいのが、庭園エリアだ。
エントランスエリア付近のエスカレーターから降りて、
少し歩けば、もう庭園エリアだ。

庭園エリアは、
歩道橋を隔てて、二つに分けられる。

エントランス側と、
カフェテリア側だ。

昔は、囲み撮影だらけで、まともな撮影ができるエリアではなかったが、
スタッフの配置、仕切りの整備などで、囲みは減り、普通に撮影ができるようになった。

更衣室からのアクセスが良く、
わりと混んでいる。

屋台があり、軽食が可能。
あとトイレが近い。

 

狙い目

正直なところ、庭園エリアですごい写真を撮るのは難しい。
エリアの混雑具合、太陽光、背景を有効活用するのは相当な技術がいるからだ。

行くなら、スタバやご飯屋さんがあるカフェテリア側での撮影が良いだろう。
混んではいるものの、比較的撮影しやすい。

エントランス側はめっちゃ混んでるので、
コミケらしさを味わいに行くなら良いだろう。

ただ、庭園でものすごい写真が撮れたら、
えっ?!庭園でこれ撮ったの?すごい!

って、褒めてもらえるので、
チャレンジしてみてはどうだろうか。

 

撮影注意点

混んでる。機材破損に気を付けろ。
歩きながら何かを落としたら、拾えないと思った方が良い。

 

庭園エリアおすすめレンズ

ポイント

  • ズームと広角よりの単焦点

まじで動けない。
自在に撮れるレンズがおすすめ。

ココがポイント

庭園にしか撮れない写真もある…はず

 

Lv4 屋上エリア

評価

  • アクセス  
  • 混雑度   
  • 難易度  
  • 盛れ度  
  • 総合評価 

 

概要

エントランスエリアから西館方面に向かうと、屋上に行く階段がある。
ここを登れば、コミケで最も盛りやすい屋上エリアへと行くことができる。

混んではいるものの、エントランスや庭園に比べれば、ましである。

地面が白く、太陽が反射し、レイヤーさんの顔も盛りやすい。
レイヤーさんを綺麗に撮りたいなら、まず屋上へ行くことをおすすめする。

 

狙い目

屋上では太陽光をどう活かすかで、写真のクオリティが変わってくる。

基本的には、逆光で撮った方が良い。
順光で撮った場合、レイヤーさんは眩しくて、目が開けられず、
中途半端な表情になってしまうからだ。

屋上で逆光のポジションを撮るには、海側をレイヤーさんの背にすると良い。
階段で屋上へ行くと、右側に海が見えるので、そっちの方向ね。

そして、屋上撮影で必須の撮影スキルが、
ハイスピードシンクロだ。

ハイスピードシンクロがわからない人は…。
そうだな、また記事を書くよ。

とにかくハイスピードシンクロができるかできないかで、
盛り具合が変わってくる。

もちろんハイスピードシンクロを使わなくても撮れる。
NDフィルターを活用した方法も有効だ。

また、加工が上手ければ、
背景の青空とか太陽は合成しちゃえばいいし、
露出補正で明るさも良い感じにできるし、
ダークな雰囲気に仕上げたりできる。

全ては自分の腕次第。

 

撮影注意点

夏はめっちゃ熱い。
床は焼けるように熱い。

絶対にレイヤーさんに座りのポージングは指示しない事。
ほんとね…バーベキューだよあれ。

そして自分もめっちゃ焼けます。
3日間屋上に通った結果、
知り合いのレイヤーさんに、

『おぉNari!あんたヤリ〇ンみたいな色してんな』

と言われたので、
みんなはそうならないように日焼け止め塗ろうな。
(2ヶ月ぐらい肌の色が戻りませんでした)

 

屋上エリアおすすめレンズ

ポイント

  • ズームと広角よりの単焦点

場所によるが、ある程度動こうと思えば動ける。
自分の自信のあるレンズで行くか、初めてで不安ならズーム推奨。

ココがポイント

聖地屋上

 

 

コミケコスプレ撮影エリアまとめ

まとめ

  • まずエントランスで洗礼を浴びる
  • 気が向いたら庭園へ行く
  • 疲れたら防災公園で休憩
  • ここで本気出せ屋上

以上、ざっくりとしたコスプレ撮影エリア攻略紹介でした。

2020年冬コミ開催されると良いですね。

それでは良いコスプレライフを!

ココがポイント

撮りたいレイヤーさんがいるエリアで最高の写真を撮ろう

\この記事はどうでしたか?/

-撮影

© 2020 なりぴく~コスプレイヤー撮影情報サイト~ Powered by AFFINGER5