カメラの基礎知識

コスプレ撮影はRAWとJPEG両方で撮る

こんにちは、Nariです。

RAW(ロウ)JPEG(ジェイペグ)って
よく聞きますよね。

違いについて簡単に説明すると、

RAWの方が画質もデータもすげぇです。
RAWは最強なんす。

でもRAWは現像という作業をして、
色々しないとTwitterとかに使えないです。
JPEGはすぐ使えます。

ん?よくわかんないって

ってなるやろうけど。

とりあえずRAWとJPEG両方撮るのが一番良いです。

では具体的にどうすれば良いか?紹介していくね。

それでは早速いってみよう!

 

RAWとJPEGの違い

ざっくりすぎる説明だったので、詳しくRAWとJPEGの違いを説明するね。

RAWJPEG
データ量大きい小さい
加工色々できるあんまり
色味変えやすい変えにくい
現像絶対するいらない

RAW

とにかくカメラの性能を活かして、
最高画質のデータにしたい時はRAWがいい。

データ量が大きいぶん、加工をする時に、
色味の調整がやりやすい。

ただ、RAWはそのままじゃ写真として使えません。

RAW現像ソフト(ライトルームとかフォトショップなど)
で現像してJPEGにすることによって、普段使ってる写真データのように、
Twitterなどで使えるようになります。

JPEG

RAWに比べてデータが軽く、Twitterなどですぐに使える
がっつり加工するソフト、フォトショップやライトルームを使わずに、

撮ったらすぐスマホに送ってスマホで加工したい。
なんて時に便利。

ただ、あとでがっつり加工ソフトで色味変えたり、合成したりとか、
色々するならおすすめはしない。

RAW現像って何?

RAWデータの明るさとか色味とかを調整する事。

お米で例えると

RAWは
JPEGは炊けたごはん

『お米食べたい』って思ったら

RAWは稲刈って、精米して、洗って、炊いて
(ここまで現像)食べる。

JPEGは食べる。

って感じ。結局はごはん食べれるけど、
RAWは自分で好きなお米をこだわって炊ける。
JPEGはもう炊けてる。

あとでふりかけとか、のりとかトッピングできる
(これがJPEGでも編集できる範囲)
でもこだわっておいしいごはん食べれるのはRAW。

これわかりやすいのか?
まぁ…。わかるやろ(知らんけど)

ココがポイント

RAWはJPEGになるけど、JPEGはRAWにならない

 

RAWとJPEGを両方撮る時のカメラの設定方法

今自分がRAWとJPEGどっちで撮ってるかを確認するには、
カメラ本体の保存設定を見てください。

どこに保存設定があるかわからない人は、

『自分の使ってる機種 JPEG RAW 設定』

とかで調べたら出てくるはず。

設定する項目はこれ

『RAW+JPEG』にする。

+のあとは、JPEGじゃなくて、NormalとかFINEとかになってる場合もあるけど、
それはどれぐらい綺麗なJPEGにする?的な意味なので、好きなのにすると良いよ。

JPEGを主に使う人は、FINEが良いかな。

SDカードについて

RAWデータはほんと重たいので、SDカードの容量は64GB以上は用意しましょう。

SDカードを2枚させるカメラも多くなってきたし、
その場合はRAW用に64GB、JPEG用に32GBとかで1日の撮影はもつんじゃないかな。

 

コスプレ撮影におけるRAWの役割

ハイクオリティな作品

RAWはカメラの性能を最大限に引き出せるデータです。
暗すぎる写真や、明るすぎる写真を適切な色や、自分が望む色に変えやすいです。

また、画像の劣化もしにくい為、
ハイクオリティを目指すなら絶対RAWを使おう

合成

合成する時は、写真に色々加工を施すので、合成用の元データはRAWがおすすめ。

写真集・ROM作成

写真集やROMはクオリティが命です。

とくに写真集の場合は、紙に印刷をするので、
色のデータが非常に重要です。
写真集用のデータはRAWで撮っておいた方が無難です。

 

まとめ:RAWはこだわって写真を作れる

まとめ

  • RAWはハイクオリティ
  • JPEGは使いやすい

とりあえず撮影する時に両方撮って、いらなければ消せば良いので、
RAW+JPEGにしときましょう。

でも、JPEGだけでも凄い写真を作るカメラマンもいます。

結局はRAWとかJPEGとかよりもセンスが大事です。
頑張ってカメラの腕を磨きましょう。

それでは良いコスプレライフを!

\この記事はどうでしたか?/

-カメラの基礎知識

© 2020 なりぴく~コスプレイヤー撮影情報サイト~ Powered by AFFINGER5